予算を決めておこう

家賃の目安を把握しておこう

一般的に、収入の4分の1程度の家賃だったら毎月問題なく支払えると言われています。
少し前は、収入の3分の1だったら大丈夫だと言われていました。
ですが今は不景気な時代なので、多くの給料をもらえていない人がほとんどです。
収入の4分の1ぐらいの家賃になっている部屋を探した方が良いでしょう。

気に入る部屋が見つかっても、家賃の問題で諦めなくてはいけない人がいます。
家賃以外の条件が自分の希望とピッタリ一致している場合は、安くできないか聞いてください。
管理人に相談することで、家賃を下げてくれるかもしれません。
また家賃の金額は変わらなくても、敷金や礼金がはいらないと言ってくれるかもしれません。
気軽に相談しましょう。

ガスに注目して決めよう

内装を確認して、キッチンがガスを使用するタイプだったら種類を調べてください。
最近はオール電化の部屋が増えましたが、まだまだガスを使うタイプの部屋もあります。
ガスには、2つの種類があることをみなさんは知っていましたか。
プロパンガスと、都市ガスと呼ばれる種類になります。
都市ガスを使うタイプだったら良いですが、プロパンガスを使うタイプだった場合は考え直してください。

プロパンガスの方が都市ガスに比べて、2倍ほど価格が高いと言われています。
これから生活を送る際に、なるべく節約したいと思っている人が見られます。
節約を頑張っていても、価格の高いガスを使っていたら毎月の出費が多くなります。
ガスの種類に気をつけてください。


この記事をシェアする